「アガリクス茸・仙生露」製造販売で15億円所得隠し

健康食品「アガリクス茸・仙生露」の製造販売会社「サンドリー」(大阪府堺市)が大阪国税局の税務調査を受け、1年間で約15億円の所得隠しを指摘されていたことが25日、わかった。
 以前に赤字の年があり、その欠損金が所得から差し引かれたため、
追徴税額は重加算税を含め約1億5000万円となった。同社はすでに修正申告している。
 関係者によると、同社は東京都内の会社から原料のアガリクス茸を仕入れ、
製品化したうえで薬局や百貨店などに販売している。
 国税局は2002年10—12月に調査を実施。
同年6月までの1年間に、実際はサンドリーが販売した商品を、子会社が販売したように見せかけ、所得を圧縮していたことなどが判明した。
 国税局は「意図的に子会社に所得を付け替えたもので、仮装・隠ぺいを伴う悪質な所得隠しに当たる」としている。
 これに対し、サンドリーは「2002年9月末に通常の税務申告を行った直後に誤りに気づき、約10日後に自主的に修正した。国税局から所得隠しと指摘されたことは不本意だったが、最終的には従うことにした」としている。
仙生露」製造販売の会社 15億円所得隠し
アガリクス「仙生露」のサンドリー、15億円所得隠し
「アガリクス茸・仙生露」製造販売で15億円所得隠し
[PR]
by agaricusblazei | 2004-05-31 22:06 | アガリクス


<< アガリクスの種類 「がん治る」本出版社に厚労省が... >>