「がん治る」本出版社に厚労省が改善指導

「がん治る」本出版社に厚労省が改善指導
バイブル本の出版社に指導

 科学的な根拠がないのに「がんが治る」などとうたった「バイブル本」で特定の健康食品を宣伝したとして、厚生労働省は26日までに、都内の出版社に対し、虚偽・誇大広告を禁じた健康増進法に基づいて改善指導した。
厚労省の「指導」のあともイカサマ商法の片棒を担ぐ朝日新聞
その翌日には、「コレステロールが下がる」「血糖値の改善に役立つ」などとパッケージに明記できる特定保健用食品の表示について、厚生労働省は基準を緩める方針を決めた。一定の科学的根拠があれば、効果の表示を認める「条件付き特定保健用食品」(仮称)を新たに設ける。しかし、「根拠は確立されていない」との注釈も必要。早ければ、来春にも新表示の健康食品が店頭に並ぶ。
 食品の表示には、効果や効能を明記できる「特定保健用食品」と、ビタミンなどの栄養成分が含まれていることを表示できる「栄養機能食品」がある。
何ともあいまいな表示基準でどうなのだろうか?
健康食品の表示基準緩和へ立証だけで「効果」明記可に
[PR]
by agaricusblazei | 2004-05-30 23:54 | 健康


<< 「アガリクス茸・仙生露」製造販... 「奇蹟のキノコ」アガリクスの... >>